本文へ

お知らせ

3月19日〜23日 宮城県で第2陣として2名の職員が支援活動をしてきました

【2011.03.24 更新】

【被災地で支援活動をした職員の報告】

支援物資として、ブルーシート、ふりかけ・味噌汁など11,000食を届けました。同時に出発したコープみえからは、お菓子、パスタ等4400食を届けました。
みやぎ生協迫(はさま)支所や、西支所に支援物資を運び、組合員さんのお見舞い、安否確認の活動をしてきました。
また保育所にお菓子を届けたときには、たいへん喜ばれました。

サービスエリアでは、「緊急物資輸送車」の車幕を見て、「はんぺい」を差し入れしてくださった方もいました。

今回の大震災の被災地を目の当たりにし、津波の怖さを実感しました。
阪神大震災のときにも、支援に行きましたが、そのときとは違った災害でした。

被災地の皆さんと、笑顔で活動することが一番大切。


各務原の本部にて報告をする職員の様子