本文へ

組合員活動(活動レポート)

高山市で、ユニセフ・ハンドーインーハンド募金を行ないました(12月12日:飛騨エリア委員会)

【2015.12.12 更新】

 12月12日(土)、今年もユニセフ「ハンド・イン・ハンド」街頭募金を行ないました。
飛騨高山高校インターアクト部、はたらくねっとさんとともに取り組むこの活動は、今回で5回目となり、会場となった、高山市「駿河屋アスモ店」、および、「フレスポ飛騨高山」の街頭に、総勢29名が並びました。この季節の高山市にしては、珍しく暖かい日となり、高校生の元気な掛け声がこだましました。

 

■参加者の感想から:

 ・初めて募金に参加してみて、思っていた以上にみなさんが協力してくださって、小さい子からお年の方までたくさんの方

 が 募金してくださったのでうれしかったです。「ありがとう」や「がんばって」という言葉もかけてくださって心が温かくなりま

 した。

・ビデオを見て、自分達はあたりまえに学校に行っているけど、世界には行けない子たちもいるので、行けることにしっかり

 感謝して、また今度、町の中で募金しているのを見たら協力していきたいです。箱の裏に1000円で変えられるもの(支援物資)が書いてあり、それを見て意外と多くのものに変えられることを知ってびっくりしました。

・声をかけるとお金を入れて下さったり、ポスターを見ていって下さる人が多くて、すごくうれしかったです。

・参加してみて、いろんなことを学べたので良かったです。

・いろんな人が募金をしてくれてうれしかったです!!いい人ばっかりでした。最高!!