本文へ

組合員活動(活動レポート)

大垣市で「ユニセフ ハンド・イン・ハンド募金」に取り組みました (12月21日 西濃エリア委員会)

【2019.12.27 更新】

 12月21日(土)西濃支所エリア委員会で、ユニセフ ハンド・イン・ハンド募金に取り組みました。
開催場所は例年と同じ、大垣駅、イオンタウン大垣、アルプラザ鶴見の3つの場所で実施しました。


○大垣駅  大垣駅では、大人7人(理事・エリア・ピースあん・先生・職員)児童生徒23人(前半11名・後半12名)の皆さんで取り組みました。  
☆参加いただいた学校は 大垣北中学のみなさんです。

○イオンタウン大垣  イオンタウン大垣では、大人(3)人 児童生徒 ( 18 )人のみなさんで取り組みました。
☆参加いただいた学校は 大垣東高校のみなさんです。

○アルプラザ鶴見  アルプラザ鶴見では、大人(6)人  児童生徒 ( 24 )人の皆さんで取り組みました。
☆参加いただいた学校は 大垣東高校のみなさんです。

生徒さんが笑顔で募金を呼びかけると、殆どの方が応じていただけ、参加された生徒さんも力いっぱい訴えていました。会場をお貸しいただいた皆様、ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。