本文へ

みんなでめざしたいコープぎふの姿

理念

「笑顔あふれる協同のくらし」

 わたしたちの願いは、すべての人たちの幸せです。一人ひとりが地域社会の一員として大切にされ、イキイキと心豊かに暮らせる笑顔あふれる協同のくらしの実現をめざします。そのために、生協は人と人の架け橋となり、地域社会におけるくらしの安心のよりどころになります。わたしたちが暮らす岐阜県の豊かな自然や歴史、伝統文化を大切にし、地域の諸団体とのネットワークを広げ、くらしやすい地域づくりを一緒になってすすめます。
 組合員の知恵と力で事業や活動を活発にし、お互いに助け合い、分かち合う協同のよさを広めます。そして、地域の人々のくらしに役立ち、生涯を通じて利用できる安心・信頼の生協となります。

中期方針

  1. 「幸せにくらしたい」の願いの実現をめざします。
    1. コープぎふは組合員さんがくらしに必要なものを買う組織です。組合員さんの「ほしい」「買いたい」の想いから商品を品揃えし、買えるようにします。
    2. コープぎふのオーナーは組合員さんです。願いを実現するために自由に声を出すことができ、声でもっと利用しやすいコープぎふにしていきます。
    3. 岐阜県内の協同組合や組織、生産者との連携を強め、平和で、安心してくらし続けられる社会や地域の取り組みに参加します。くらしに必要な産物やサービスが利用でき、地域やくらしの困りごとを解決するお手伝いをします。

  2. 商品の価値を伝えあい、くらしを豊かにします。
    1. 商品は使われるときに初めて価値を発揮します。本当の価値は一人ひとりが判断し、使いこなしの知恵や工夫を伝えあい、くらしをより豊かにします。
    2. 商品の価値は「どう食べられたか、どう喜ばれたか」で決まります。くらしの真 ん中にはいつも商品があり、日々のくらしの変化に合わせて見直し価値を高めます。
    3. 商品を使った人の声をつくり手まで届けます。願いを一緒に実現するパートナーであるお取引先と、商品をもっと使いやすくします。

  3. 地域の中で、健康にイキイキと暮らせることをめざします。
    1. 誰もが一人の人間としてしあわせを願いくらしています。誰もが認め合い、地域の中でつながり、たすけあってイキイキと暮らすことをめざします。一人ひとりのくらしに学び、嬉しかったことやよかったことをひろげ、困っていることは一緒に考え解決していきます。
    2. 一人になっても一人ぼっちにならないよう、人と人とのつながりや関わりを大切にし、声を出し合える場づくりをすすめます。小さなつぶやきや、声に出さない・出せないことを感じとることをみんなで大事にします。
    3. 一人では難しいことも、「おたがいさま」の気持ちで困りごとに寄り添って、たすけあい、力を合わせ実現することを大切にします。

  4. 組合員さんに喜ばれることを職員のやりがいとします。
    1. 職員は目の前の組合員さんに最善を尽くします。組合員さんに感謝し、喜ばれることをやりがいとして、自分ができることに全力投球します。いつも笑顔で目標をもって仕事をし、組合員さんから頼りにされるよう成長します。
    2. 仲間の優れた実践に素直に学び、楽しく仕事をします。組合員さんや職場の仲間との関わりから生まれる喜びや感動を活力とし、組合員さんの声や事業の結果から、事業や仕事を改善し続けます。
    3. 年齢、性別、特性、家庭の事情や出産・育児・介護など、さまざまな条件の中でも、安心して長く働ける制度や就業環境をつくります。身につけた知識や経験を活かし、成長し、安心して働ける職場や仕事をコープぎふの中に増やします。

  5. 未来に続く安定した事業経営基盤をつくります。
    1. 組合員さんが安心して利用できるよう、そして職員も安心して働き続けられるよう、岐阜県のすみずみまで事業の幅を着実にひろげ、将来にわたり持続可能な経営基盤づくりをすすめます。適切な時期と規模で投資を行い、事業から生み出された剰余は、組合員さんと、職員と、将来に備える積み立てのために、毎年適正に配分します。
    2. 組合員さんの要望にコープぎふが全責任をもって応えられるよう力量を高めます。要望を実現するために、東海の事業連帯のあり方をさらに発展させて新しい関係を築きます。