本文へ

お知らせ

コープぎふフェスタin東濃「つながりあって『ぎふ』まるごと実感フェスタ」を開催しました

【2016.10.19 更新】

2016年10月16日(日)、セラミックパークMINO(多治見市)にて、コープぎふフェスタin東濃を開催し4,500人の方にご来場いただきました。コープぎふの組合員には日頃の感謝の気持ちをこめて、また地域のみなさんにコープぎふを知っていただく機会としてはじまったフェスタは今年で3年目となりました。

 

会場では、生協商品の生産者、メーカー、事業提携者のみなさんにご協力をいただき、年末迎春商品や人気商品、組合員開発商品などの試食や紹介を行ないました。
 
 
S&B食品と恵那中津支所職員で行なったカレーのスパイス調合体験や、共同購入のお仕事体験など、楽しい体験コーナーにも多くの人が参加しました。
 
コープぎふのさまざまな事業の紹介コーナーでは、福祉事業の介護体験やコープハウジングのミニたたみつくり、夕食宅配の試食、共済のLPAの会おこづかいゲームなど、楽しく試食や体験をしていただきました。
 
ステージでは、2年目となったFM岐阜と共同開催、コープぎふPREZENTSハッピーダンスコンテスト2016が開催され、コープぎふのオリジナルソング“one for all all for one”にあわせて、9組のグループがダンスを披露しました。
 
 
コープのケーキ人気投票『C-1グランプリ』。美味しかったケーキに一票、人気グランプリが決定します。
 
社会的貢献活動コーナーでは、ユニセフ、平和、環境ブースで、パネル展示や工作など行なわれました。
 
キッズコーナーでは、模擬金魚すくいや、木のおもちゃコーナー、コープぎふのキャラクターと撮影会など、小さなお子さんとご
家族に楽しんでいただけました。
 
 
来場された方からは、「試食が美味しくて、おなかいっぱい!」「すごく楽しかった!」といった声が寄せられました。コープぎふをまるごと実感していただけ、たくさんの笑顔があふれるフェスタとなりました。