本文へ

組合員活動(活動レポート)

『パッションフルーツ・グリーンカーテン講座」を行ないました。(4月23日 えこちゃんくらぶ)

【2016.05.03 更新】

関市下之保の、道の駅平成エコピアセンターの会議室でパッションフルーツを使ったグリーンカーテン講座が開催されました。参加されたのは17名。昨年参加された方や、初めてパッションフルーツを育てられる方など様々な方が集まりました。

ご協力いただいたのは、関むぎパッションフルーツ組合の古池さんと美濃羽さんです。本州最大のパッションフルーツの圃場で露地栽培をされています。

「どうしたらたくさんの実がつきますか?」「冬越しするには、どうしたらいいですか?」「肥料はどのようにしたら良いですか?」たくさんの質問がありました。都度、「私の経験からは・・・」と、古池さんが丁寧に答えてくださいました。

お話をうかがった後、関むきパッションフルーツ組合で実際に育ててみえる苗を分けていただきました。茎も葉もしっかりしています。後日、大垣の方からは、もう花が咲きましたと写真をいただきました。

 <参加された方の感想>

・パッションフルーツを作り始めて約10年になります。この講座に参加するのは2回目ですが、年々異なることが発生するので大変良かったと思います。また、参加したいと思います。

・たいへん分かりやすく希望の持てる説明で、やる気が起こる講義であったと思います。実体験に基ずく話とその他の参加者の体験・感想も良かったと思います。頑張ってみます。ありがとうございました。

・まったくの初心者で聞くことすべて「へえ〜、へえ〜」という感じで聞いていました。出席者の皆さんがとても熱心で専門的なことをいろいろ質問されたり話されたりするので感心して聞いていました。話はとても分かりやすく、初心者なりに楽しく聞けてよかったです。なんとかうまく授粉させて、実がひとつでもつけば、とても嬉しいと思います。

パッションフルーツのグリーンカーテンは、日光をさえぎりエコで葉や花は見ても楽しい、また実は酸味があってとても美味しいと、たくさんの嬉しいことがあります。これから秋まで、楽しんで大切に育てていきましょう。6月には花が咲き、8月には花と実が同時につきます。ぜひ写真などで事務局へお知らせくださいね。