本文へ

組合員活動(活動レポート)

コープぎふフェスタin中濃を開催しました

【2018.10.17 更新】

2018年10月14日(日)、JAめぐみの本店(関市)にて、コープぎふフェスタin中濃を開催しました。天候にも恵まれ約3,500人の方にご来場いただき、試食や販売、お楽しみ企画、テントバザーなどを楽しんでいただきました。

会場では、生協商品の生産者、メーカー、事業提携者のみなさんにご協力をいただき、年末迎春商品や人気商品の試食、化粧品・雑貨のお試し、「くらしと生協」「スクロール」による衣類や雑貨などの展示を行ない、実際に見て、触れて、確かめていただきました。

中濃支所の職員で行った射的や、各務原支所職員による人工イクラづくり体験、生協のお仕事体験は行列ができるほど大人気でした。

コープぎふのさまざまな事業の紹介コーナーでは、介護事業、住宅事業、葬祭事業の紹介・相談や夕食宅配の試食、共済事業の乳がん触診体験、LPAの会のライフプラン提案などを行いました。
組合員さんによる平和のしおりやUVストラップづくり、ふどうの森クラブさんと一緒に行うクラフト体験にも多くの方にご参加いただきました。震災支援活動として、「東北の震災復興と地域復興応援に賛同する人々の思い」と「時をこえたおいしさ」を伝えるブランド『古今東北』のグッズ販売も行いました。

来場された方からは「たくさんの商品を試食できました。早速注文します!」「前から気になっていた化粧品を試せてよかった」「子どもと一緒に1日楽しめました」といった声が寄せられました。コープぎふをまるごと実感していただけ、たくさんの笑顔があふれるフェスタとなりました。